多汗症治療の方法です

暑くもないのに、必要以上に汗を掻いたりするのが多汗症です。
とくに精神的に緊張した時などに、大量の汗を掻くのが多汗症の特徴です。



ある程度、汗を掻くのは当然ですが、なかには生活に支障を来してしまう場合もあります。多汗症の原因は、特定することは難しく以前は治療が困難だと言われていました。

しかし、最近では多汗症治療を行う事が出来るようになりました。



多汗症治療をしたい場合には、何科を受診すればいいか迷う人もいるはずです。

多くの人が、多汗症治療は皮膚科に診察に行くケースが多いようです。なかには、精神的な緊張などが原因で汗を掻く場合もありますから、精神科や心療内科へ行く人もいます。また、美容外科でも治療を行っています。どの診察科を受診するかが、もし分からない場合には複数の診察科を受診してみて自分の納得出来る治療を行ってくれる診察科を探して見た方がいいです。

軽い症状なら、塗り薬などの治療や制汗剤などの使用で対応出来ます。

しかし、症状が重たい場合などは手術を行う場合もあります。

また、最近ではボトックス注射を汗で気になる箇所に打つ方法もあります。

手術は、大変ですがこのボトックス注射なら手軽に行う事が出来ます。



ただし、ボトックス注射は半年程度しか効果が持続しないので効果を持続したい場合には、継続的な治療が必要になります。

どの治療法を選ぶかは、医師としっかりと相談して、自分が納得出来る治療法を選ぶ事が大切です。